コーヒーとお菓子

コーヒーとお菓子の楽しい時間を

土用の丑の日の前に

f:id:meysan:20170723220513j:plain

土用の丑の日に近くなると、鰻の広告やスーパーに鰻の

のぼりが立っているのが見られます。

ここ数年は大黒屋の鰻重にお世話になっています。

鰻の高騰もあり、せっかく食べるのならプロの美味しい

鰻を食べたいです。

土用の丑の日の前の土日と言う事もあり、賑わっていました。

珍しくご飯の準備が追い付かず、断っている場面もありました。

普段は鰻以外のメニューもありますが、鰻だけの注文となります。

この大黒屋は庶民的なお店の作りで、値段もリーズナブルで鰻も良い

のでお勧めです。(タレのお味は好みが別れるかも)

 

大黒屋はJR新居町駅前なので、すぐに分かるかと思います。

駐車場は裏にあります。

 

 

 

 

料理通信8月号 お茶とお菓子

f:id:meysan:20170720102953j:plain

久し振りに出掛けた先で書店に入りました。

お茶とお菓子の気になる見出しが目に入り、手に取って

しまいました。

日本茶、紅茶、中国茶の楽しみ方や、お菓子の組み合わせ

など気になる内容でしたので購入しました。

今回はコーヒーの内容の掲載なしです。

雑誌を見ていると、コーヒーを含めお茶会をしてみたく

なります。

お茶好きさんは書店を覗いてみて下さい。

 

ベトナムコーヒー風ゼリー

f:id:meysan:20170718083448j:plain

暑い時期には口当たりが良い、ツルンとしたものが欲しく

なります。

練乳をソース風にかけたベトナムコーヒー風ゼリーを

作りました。

ベトナムコーヒーと聞くと、深煎りのコーヒーに練乳が

入ったコーヒーが思い浮かびます。

それをヒントに作ってみました。

コーヒー自体を火を入れると風味が飛んだり、味が落ちます。

それなので、アイスコーヒーを作る要領で抽出し、氷分を

水に変えアガーと砂糖を溶かします。

その中に抽出したコーヒーを混ぜて冷やせば出来上がり。

アガーをゼラチンに変えても出来ます。

砂糖の量は練乳をかける事を考慮して控えめにしています。

そのため、コーヒーゼリーだけで食べると甘味が物足りません。

予想外に良い出来だったので、ゼリー系のお菓子の幅を広げようか

と意欲が出てきました。

夏の暑い時期はオーブンを使ってのお菓子作りが遠のきます。

これから、夏のお菓子作りも楽しめそうです。

中国茶の茶席体験

まぜこぜマルシェでご一緒した中国茶はるさんの茶席体験を

してきました。

マルシェでは自分のブースを離れる事も出来ず、はるさんの方

からお声を掛けていただきました。

その様なご縁でサーラプラザ湖西で茶席体験が出来ると知り、

伺ってきました。

2人で伺ったので、2種類のお茶をいただいてきました。

f:id:meysan:20170715180342j:plain

最初に西湖龍井茶体験。

龍井茶は産地によりブランド力が違い、西湖は高級茶だそう。

日本の緑茶とは製法が違い、葉そのものの形を残した茶葉です。

見た目も濃い色が出ないとの事。

日本の緑茶に慣れていると、味が感じられない方もいるらしい

です。

f:id:meysan:20170715180345j:plain

本当に薄っすらとした色ですが、とても香りが良いです。

そして、緑の爽やかのお味で、美味しかったです。

暑い時期に冷茶にしたら、スーッと体に流れていきそう。

お茶請けは柚餅子(写真には写ってません)、ひまわりの種、

ドライトマトでした。

乾燥させた(ドライ)ものを使う事が多いらしいです。

f:id:meysan:20170715180348j:plain

次は阿里山烏龍茶です。

こちらは龍井茶と違い、高温で淹れるそうです。

f:id:meysan:20170715180352j:plain

この長細いコップの中に烏龍茶が入っています。

コップを持ち上げるとお茶が湯呑に出ます。

そして、長細いコップに残ったお茶の香りを楽しむもの。

これを聞香杯と言うそうです。

とても、甘い香りがしてコップを鼻から離したくないくらい。

アロマ効果もあります。

 

どちらも香りもお味も良く、うっとりしてしまいそうです。

この様な茶席体験をした事が無かったので、中国茶の魅力を

知る機会が出来て良かったです。

そして、はるさんの軽快なお話も楽しく、色々と質問をして

しまいました。

ありがとうございました。

 

中国茶を楽しむ会を9月29日(金)にアエラホーム浜松西店

で開くそうです。

ぜひ、この機会に中国茶を味わってみてはいかがですか?

本当に香りだけでもうっとりしてしまいます。

中国茶はるさんのブログ→

 

 

帰省の手土産に

f:id:meysan:20170712175357j:plain

前回の記事でタルトの作り納めと書いたのに、また

タルト作り?と思われた方もいるかもしれません。

こちら、アイスコーヒーの講座の参加者さんに頼まれた

アマンディーヌです。

その時にお渡ししてきました。

ちょうど、次の日から旦那様の実家に帰省するので手土産

にするそうです。

実家の皆さんと召し上がるとのこと。

そんな時にご利用していただくと、嬉しいものです。

盛夏の前に

f:id:meysan:20170710204658j:plain

キャラメルバナナタルトを焼ました。

盛夏の前にタルトの作り納め。

暑い時期はタルト生地を伸ばすのに、スピードが必要です。

あたふたしていると、生地がだれてしまいます。

なるべく、夏にはタルトは作りたくないのが本音。

今回は3台焼いて、贈り物にしました。

次回のタルト作りは秋になりそうです。

 

 

今日はアイスコーヒーの講座でした

f:id:meysan:20170707220628j:plain

今日は教室でアイスコーヒー講座でした。

利用している焙煎屋さんがアイスコーヒー用の豆を販売していない

こともあり、市販されている豆を利用しました。

使用したのはドトールのアイスコーヒー用の豆とUCCのゴールド

スペシャルのアイスコーヒー用の豆です。

UCCの方はコーヒーの雑誌で市販されているアイスコーヒー用の豆

のランクで1番だった豆です。

私も今年初めて利用しました。

 

今回はこの2種類の豆で冷却法と水出しコーヒーの作り方と、作る時

のポイントをお話しました。

そして、それぞれのお味を確認していただきました。

「喫茶店で飲むアイスコーヒーだ」との声も聞かれました。

どのコーヒーも美味しいと評価を得ましたが、1番人気があったのは

ドトールの豆で冷却法で淹れたコーヒーでした。

豆や淹れ方の使い分けや、店によるコーヒー豆の話題など話が

盛り上がりました。

f:id:meysan:20170707220625j:plain

最後に用意したブラウニーとキャラメルバナナタルトとのペアリングを

楽しんでいただきました。

苦味がありすっきりしたアイスコーヒーにはしっかりと甘味を感じ

、舌にまとわりつくお菓子が合います。

ペアリングを楽しんでた様子でした。

習ったアイスコーヒーを、暑い夏にお家で楽しんで下さい。

 

8・9月の教室は私の都合でお休みします。

再開の日は決まってませんが、またお知らせします。

ブログの方もお休みはしませんが、今までより不定期のアップになる

かもしれません。

よろしくお願いします。