コーヒーとお菓子

コーヒーとお菓子の楽しい時間を

着々と進めています

20日の教室のお菓子の準備を着々と進めています。

f:id:meysan:20171018224224j:plain

こちら、さつま芋のケーキの焼成前。

今シーズン初のケーキより、絞りも安定してきました。

久し振りに作ると少し勘が鈍るものがあります。

特にこの様な絞り袋を使うケーキです。

普段はこの様な絞りの作業を入れるケーキを作らないので、

少し慣れるのに時間を要します。

f:id:meysan:20171018224229j:plain

こちらは焼成後。

私はしっかりめに焼く方が好みです。

f:id:meysan:20171018224235j:plain

こちらはシフォンサンド用のバニラシフォンケーキです。

焼き上がったものです。

ここから、瓶の上に逆さまに乗せ冷まします。

それから、型外しとなります。

 

それぞれのケーキは別の日に作っています。

ケーキにより美味しくいただくのに、時間を置いた方が良い

ものがあります。

バターケーキ生地のものは2~3日置いた方が生地が落ち着き

美味しくなります。

早くても次の日まで置いた方が良いです。

作った当日は美味しくないです。

 

ケーキ作りをする時はある程度下準備をしておくと、それ程

時間は要しません。

こちらのさつま芋のケーキは上に絞ったクリームは、前日に

用意しました。

ケーキ生地の計量から始めても出来上がりまで1時間半程です。

計量も前日に終わらせると、もっとスムーズに進むでしょう。

私は出来上がり日を決めると、それに合わせて準備をしていく

ようにしています。

やはり、ケーキ作りだけに時間を費やす事は出来ません。

なるべく、分散して事を進めるようにしています。

 

10月の「コーヒーとお菓子のペアリング」の教室の予定→

ゆめプラ朝市マルシェについて→