コーヒーとお菓子

コーヒーとお菓子の楽しい時間を

水を変えるとこんなに違う

今日はコーヒーとお菓子のペアリングの教室でした。

5月はエチオピア シダモ地区 ベンサ村の豆を使用。

エチオピアの豆はボディーが力強く、香りが非常に華やかと

言うのが特徴です。

それでも、それぞれに個性があります。

f:id:meysan:20170511224000j:plain

今回はコーヒーを淹れる時の水の選び方についてお話しました。

そして、軟水・中硬水・硬水を使う事による味の変化を、コーヒー

にして味見をしていただきました。

硬度が増す度にコーヒーの酸味が打ち消されることを理解された

ようです。

酸味が無いのも味気ないとの意見もでました。

家庭で淹れる時には水道水か軟水(日本のミネラルウォーター)で

淹れる事をお勧めです。

中には酸味が苦手な方もいます。

そんな方には硬水で淹れて飲まれるのも良いかと思います。

f:id:meysan:20170511223959j:plain

ペアリングのお菓子はレモンのケーキと抹茶のシフォンケーキ

お出ししました。

ケーキを飲み込まないうちにコーヒーを口に含むとレモンのケーキは

レモンの香りが一段と口に広がり、抹茶はその香りが広がります。

とても、相性が良いと好評のお言葉も出ました。

ここで、コーヒーとお菓子を口にすると幸せな気持ちになれるとか、

日頃の嫌な事も忘れると聞かれます。

そんな言葉を聞かれると、こちらも教室を開いて良かったと思えます。

 

そして、ブログでお知らせしていたホンジュラス COE(カップオブ

エクセレンス) エル・ナシミエントの試飲もありました。

COEのコーヒーだけあり、芳醇な香りも味も良いと違いを感じていただけた

ようです。

 

5月の「コーヒーとお菓子のペアリング」の教室の予定→

まぜこぜマルシェについて→