コーヒーとお菓子

コーヒーとお菓子の楽しい時間を

コーヒーの飲み比べ

東京コーヒーフェスティバルのレポートです。

全国・世界各地から出店が集まっています。

f:id:meysan:20170321183017j:plain

会場の受付で飲み比べチケットを1000円で購入。

紙コップとシールを渡され、5杯分(5店舗)のコーヒーの

飲み比べが出来ます。

小さいコップなので、飲み比べにはちょうど良い大きさです。

チケットを購入しなくてもコーヒーの購入は出来ます。

f:id:meysan:20170321183018j:plain

最初に向かったのはTHE BARN ROASTERS BERLIN(ドイツ)。

ベルリンにあるヨーロッパを代表するスペシャリティコーヒーロースター。

こちらでは、ルワンダのコーヒーを。

ルワンダ特有の酸味と香りが感じられ、後味も良く好みの味でした。

私が試飲が終わる頃には長蛇の列が出来ていました。

f:id:meysan:20170321183029j:plain

会場内はとても賑わっていました。

一時は人同士のすれ違いが大変な時も。 

f:id:meysan:20170321183031j:plain

次はTHE BARNの近くの光珈琲へ。

看板の野生の珈琲に魅かれて、飲んでみたくなりました。

エチオピアの森で自生している天然のコーヒーで農薬や肥料は使われて

ないそうです。

今まで口にしたエチオピアの中でも変わった香りがします。

これが野生で育ったコーヒーの香りでしょうか・・・。

f:id:meysan:20170321183030j:plain

St. berry Coffe(セントベリーコーヒー) TOYAMA。

この看板を見たら試飲したくなるでしょう。

ジャパン カップ テイスターズ チャンピオンシップ2015チャンピオン

のヨシキ店長が淹れコーヒーです。

こちらはニカラグアのコーヒーでした。

ニカラグアのフルーティーな酸味を久し振りに味わいました。

f:id:meysan:20170321183032j:plain

台湾の台北のLUGUO CAFE。

前回も出店していて、名前にインパクトがあり記憶に残っていました。

ブレンドコーヒーでした。

f:id:meysan:20170321183033j:plain

最後にSINGLE Oで2003年にシドニーのサリーヒルズで生まれたロースター

カフェで、2014年末より日本での焙煎・卸売を始めたそうです。

コーヒーはエクアドル

最近は日本に入ってくる事が少なくなっています。

そんな話をよく耳にするので、気になります。

 

今回初めてコーヒーフェスティバルに伺い、コーヒーに興味がある人が

多い事にも驚きました。

そして、抽出器具も気になり各店舗を覗いてきました。

ハリオを使っている店が多く、エチオピアの豆を売りにしている所も

多かったです。

この様に一度に飲み比べをする機会はないので、とても勉強になりました。

 

4月の「コーヒーとお菓子のペアリング」の教室の予定→